2009年05月24日

cronの設定方法

crontabエディターを起動

crontab -e

環境変数の$EDITORで設定されているeditorが立ち上がります。
立ち上がったら、cronの起動設定を記入。フォーマットは、

分 時 日 月 曜日 コマンド

で、設定値は

分:0〜59
時:0〜23
日:1〜31
月:1〜12
曜日:0〜7(or sun〜sat)

とワイルドカード(*)が設定可能。 表記方法は、

リスト:*,*,*
範囲:*-*
共存:*,*,*-*
間隔値:*-*/*

が使えます。

ex.
#0,5,10分に/usr/bin/testが実行される
0,5,10 * * * * /usr/bin/test
#0,1,2,3,4,5時に/usr/bin/testが実行される
0 0-5 * * * /usr/bin/test
#「日,火,水,木」曜日の0時0分に/usr/bin/testが実行される
0 0 * * 0,2,3-4 /usr/bin/test
#1,3,5,7,9日の0時0分に/usr/bin/testが実行される
0 0 1-9/2 * * /usr/bin/test

起動しているcronの確認は、

crontab -l

で行えます。 rootユーザーの場合、

crontab -l -u ユーザー名

で該当ユーザー権限で起動しているcronを確認できます。


 「コマンド」で、PHPとか実行する場合に、
 

* * * * * php /home/test/*.php
 

 とせずにPHPを絶対パスで設定しないと動かないっぽい。
 

* * * * * /usr/bin/php /home/test/*.php
 


参考:
cron の設定ガイド


posted by purigen at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。