2009年08月19日

rubyでコマンドライン引数を取得する方法

コマンドライン引数は、
 ・$0:コマンド名
 ・ARGV[引数番号]:引数を参照
で参照できる。 ARGVは引数を格納した配列になります。

ruby arg.rb hoge1

の「hoge1」を表示する場合、arg.rbは、

#arg.rb
puts ARGV[0]

とすればOK。 コマンド名と引数の一覧を表示させる場合は、下記のようなコードを書けば良い。

#arg.rb
require "kconv"

if __FILE__ == $0
puts Kconv.tosjis("コマンド名:")+$0

i = 0
ARGV.each do |arg|
puts Kconv.tosjis("引数")+i.to_s+Kconv.tosjis(":")+ARGV[i]
i+=1
end
end


例えば

ruby arg.rb hoge1 hoge2

と実行すれば、

コマンド名:arg.rb
引数0:hoge1
引数1:hoge2

と表示されます。



posted by purigen at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。