2010年03月08日

mxmlでActionScriptのpackage参照方法。

mxmlでActionScriptのpackage参照方法。

下記のActionScript3のコードがあったとして、

//TestHoge.as
package
{
import mx.controls.Alert;

public class TestHoge
{
public function sayHoge():void
{
Alert.show("HooooooooGe!!");
}
}
}

これをmxmlで読みたい時に

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:WindowedApplication xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml">
<mx:Script source="TestHoge.as"/>
</mx:WindowedApplication>

とすると、エラーになる。「mx:Script source="TestHoge.as"」は、mxml上にマジメにTestHoge.asを展開するので、mxmlはpackageが使えないのが原因。これを回避するには、

//funcMan.as
import mx.controls.Alert;
import TestHoge;

public function helloworld():void{
var hoge:TestHoge = new TestHoge();
hoge.sayHoge();
}

というfuncMan.asを作成して、

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:WindowedApplication xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml">
<mx:Script source="funcMan.as"/>
<mx:Button label="say_Hoge!" click="helloworld()" />
</mx:WindowedApplication>

とすればOK。


ラベル:as3 mxml flex
posted by purigen at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ActionScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。