2009年07月06日

英文字列から英単語抽出(ruby)

英文字列から、単語を抜き出すRubyプログラム

・例文英文字
Either the well was very deep, or she fell very slowly, for she had plenty of time as she went down to look about her and to wonder what was going to happen next. First, she tried to look down and make out what she was coming to, but it was too dark to see anything; then she looked at the sides of the well, and noticed that they were filled with cupboards and book-shelves; here and there she saw maps and pictures hung upon pegs. She took down a jar from one of the shelves as she passed; it was labelled `ORANGE MARMALADE', but to her great disappointment it was empty: she did not like to drop the jar for fear of killing somebody, so managed to put it into one of the cupboards as she fell past it.
続きを読む


posted by purigen at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

codepadがイケてる!!

codepadを使うと、Web上でプログラムを実行できて、実行結果にアドレスが振られ実行結果を表示する事が可能です。こりゃ便利!!

とりあえず、Rubyで最初に実行するべきプログラムを試してみる。

print "Hello Ruby("+RUBY_VERSION+") World!!"

実行結果は、コチラ。 これだと見づらいので、iframeを使うと

と表示できる。 これでjavascript以外のネタをブログに書く気力がUPしそうです。


Rubyのバージョンが1.9.1だったら文句なしだったんだけどなぁー
ラベル:codepad
posted by purigen at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

exerbについて

Rubyで作った簡単なツールを、他のwindowsユーザーに渡したいという時に、
便利なのが、Exerbというモジュール。これを使用するとRubyファイルをEXE
形式のファイルに変換してくれます。

1.入手&インストール
 公式Exerb Project(http://exerb.sourceforge.jp/)より、[exerb-4.3.0.tar.gz]をダウンロードしてくる。
 解凍した中にある「setup.rb」を実行。
 
2.使用方法
 テスト用に下記の2ファイルを用意
 

#hello_def.rb
def say_hello()
puts ('Hello, Ruby World!!')
end
 

#hello.rb
require 'hello_def'
say_hello()
 

 で、この2ファイルがあるディレクトリにで、
 

> mkexy hello.rb
 

 を行うと、Rubyスクリプトが実行されて、実行終了後にレシピファイル(hello.exy)が作成されます。
  ※一回スクリプトが実行されるので、困る場合は手作業でレシピファイル(*.exy)を作成する必要があります
  
 補足:
  Ruby-1.9系だと
  

>$KCODE is no longer effective
>undefined method `downcase' for nil:NilClass (NoMethodError)
  

  というのが出るかもしれないです。その場合は、「mkexy.rb」の
  

file.puts(" kcode: #{$KCODE.downcase}")
  

  を
  

if RUBY_VERSION.to_s < '1.9.0'
file.puts(" kcode: #{$KCODE.downcase}")
end
  

  と変更してあげればOKです。$KCODEが1.9系で非推奨になったので。
 後は、
 

> exerb hello.exy
 

 とすると実行ファイル(hello.exe)が作成されます。
 
とても簡単で便利に使えます。作者のYuya Katoさんに感謝感謝です。
ラベル:Exerb
posted by purigen at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。