2011年09月26日

ペットを飼う前に:「犬と猫と人間と」

「犬と猫と人間と」(http://www.inunekoningen.com/introduction.html)を見た。

『日本で捨てられた犬や猫がどうなるか?』を描いたドキュメント作品。 そもそも猫や犬は一日にどれだけ捨てられて処分されているか? 年間24万頭、一日に約650匹(2009年度)。なんかもう聞いただけで気が重くなる数字だ。 保健所によっては、猫は引き取りをしたその日に処分されるそうだ。

処分や保護に関わる人達は動物好きな人達ばかりで、身勝手な人の為にその人達が傷つきながらがんばってる。

イギリスのようにペットショップに対する規制をしっかりして欲しいけど、すぐにはそうならないだろうから、猫や犬を飼おうと考えている人は、是非この作品を見てペットショップから買うんじゃなくて、保健所や里親から貰うようにして欲しい。不幸な動物を少しでもハッピーにする為に。


posted by purigen at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

書評:残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法



自己啓発の本が巷に溢れている所に著者「橘玲」は明快にこう言い放つ

「やってもできない。人間の能力は遺伝で決まってて本人の努力でどうにかなるもんじゃない」

この事を頭に入れておかないと、

「努力する→能力向上」

の逆で

「能力向上しない→努力していない→自己否定」

という負のスパイラルに陥る。 出来ないのは「遺伝」が原因なのに自分のせいにしていては幸せになれない。「幸せに生きる」が人生の命題であって、「能力向上」が人生の命題ではない。 

では、低能力の人はどうやって生き残るのか? 「比較優位の原理」によって低能力の人にも仕事はある。「比較優位の原理」は単純で、

高能力が要求される仕事=高収入=高能力な人材が必要
低能力で出来る仕事=低収入=低能力な人材でOK

高能力な人が「低能力で出来る仕事をすると、高能力が要求される仕事をする時より効率(収入的な)が悪くなってしまう」。コレにより低能力な人にも仕事が回ってくる。もちろん能力がある人の方がより高所得(好き)な仕事に就ける。 

ただ、「残酷な世界」では仕事というのはグローバル化しており

「日本での低収入」=「発展途上国での高収入」

となってしまい、仕事内容が発展途上国の人ができる内容であれば「比較優位の原理」により仕事は発展途上国にいってしまう。 もちろん国が規制により仕事が外国にいってしまうのを止めようとはするがそれにも限界がある。 

本書の最後で「やりたい事が努力によってできる分けでも無く、グローバル化しており競争相手は無数にいる残酷な世界で生き残る方法」が示されている。




最後の内容は意外に普通にまとまっているが、本書の中では様々な実験内容や本を紹介しており常識を覆されるような内容ばかり。 「社会学、経済学、生物学(進化論)」が好きな方は本書を読むと読みたい本が増える事請け合いです。
posted by purigen at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

「働かざるもの、飢えるべからず。」



本書の中の

『相続税100%』

という案には超絶賛成だ。「ベーシック・インカム」の財源とするという案も
賛成だけど、制度入れるの時間かかりそうだから年金の財源にしてはどうだろうか?

1.相続税100%をいつからするか決める


いきなり相続税100%はキツイから何年後からそうするか決める。払いたくない人は
それまでにガンガン使う。景気も良くなるし。

2.相続税を年金受給にあてて、いままで払った分の年金を返す


相続税を年金受給にあてて、余った分を不公平がでないようにすでに年金払った人に、
払った額も大きく残りの人生が短い年齢順で払い戻す。 順番不公平だと思えるけど、
払い戻されて使わなければすぐに相続税100%で戻されるし、使えば景気良くなるし
OKではないかと。

3.年金払い戻し終わったら別の事に使う


社会保障、生活保護とかに使えば良いのではないかと。「ベーシック・インカム」
を施行する下地が整っていればその時点ですれば良いし。

ベーシック・インカムを一気に導入程のインパクトは無いかもしれないけど、

『生きてる間はハッピーに、将来の心配は死んだ人の納税で、自分が納税するのは死んだ後に』

は良いなぁーっと、相続税100%の好きな所は、小飼弾氏も言うように

『痛くない納税』

という所ですね。
ラベル:書評
posted by purigen at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。